【登山レポ】日帰りでも登れる「日本百名山」に登ってみよう!【関東編】

【登山レポ】日帰りでも登れる「日本百名山」に登ってみよう!【関東編】

登山を始めた人なら誰でも一度は聞いたことがあるであろう日本百名山。

今回は「日本百名山」ってなに?

初心者でも登れる?難しくないの?そんな疑問に答えながら、おすすめの日本百名山3選も含めて紹介をしていきます。

日本百名山とは?

「日本百名山ってどんな山?」「日本百名山ってなに?聞いたことがない!」とい方にも、日本百名山について分かりやすく説明をしていきます。

日本百名山とは?

日本百名山とは、国が定めたものではなく、小説家の深田久弥さんの山岳随筆「日本百名山」に載っている100座の山のことを指しています。

「日本を代表する山のベスト100」と言えるような山が選ばれています。

なにを基準に選んだの?

小説家でもあり登山家でもある深田さんが、実際に登頂した日本各地の山の中から、自身が定めた基準で100座を選んだそうです。

「山の品格」、「山の歴史」、「個性のある方」の3つを基準に選んだと言われています。

どこにあるの?

北は北海道の利尻島にある「利尻山」、南は鹿児島県の屋久島にある「宮之浦岳」と、全国各地の山々が日本百名山に選ばれています。

その他の多くは、日本の中心の北アルプスや南アルプスに集中しています。

初心者でも登れるの?

答えは「はい!登れます!」です。

難易度は山によってさまざまなため、登山時間が短い山であれば、初心者の方でもチャレンジできます。

登山口から30分ほどで登れる山から、3泊4日かかる山まであり、更に選ぶコースによって山での行動時間が変わってきます。

初心者の方がチャレンジする際は、アクセスが良く、日帰りで登れる山をおすすめします。

おすすめの日本百名山3選

ここからは、初心者の方でも登れるおすすめの日本百名山を紹介していきます。

「日帰り可能」「アクセスが比較的に良い」「登山道が歩きやすい」そんな視点と、私が実際に登った体験も含め、おすすめの山を3つご紹介します。

日帰りで登れる日本百名山1(谷川岳)​

 

群馬県・新潟県の境にある谷川岳。(日帰り:4時間)標高は1977m。

関東からのアクセスも良く、登山初心者に人気な山です。

ロープウェイを利用して登るのが、谷川岳に登る最もポピュラーなコース。

途中に鎖場があったりしますが、ゆっくり登れば問題ありません。

山頂は360度の大パノラマの絶景!感動すること間違いなしです!

日帰りで登れる日本百名山2(日光白根山)

群馬県・栃木県の境にある日光白根山。(日帰り:5時間)標高は2578m。

奥白根とも言われ、日光火山群の最高峰です。

群馬県側の丸沼高原から日光白根山ロープウェイに乗り、山頂駅から登山スタート。

樹林帯の中を歩き緩い登山道は登りやすく、山頂からは日光の山など360度見渡せて絶景です!

登山コースがいろいろあるため、体力に合わせてコースを選べるのもおすすめポイントです。

日帰りで登れる日本百名山3(苗場山)

新潟県・長野県の境にある苗場山。(日帰り:8時間)標高は2145m。

行動時間が8時間を越えてくるので、登山に慣れてきた人におすすめ。

かぐらスキー場町営駐車場に車を止めて、祓川コースから往復します。

序盤は整備された階段を歩く箇所もあり、特に危険箇所もなく、登山を楽します。

山頂には展望はありませんが、雄大な湿原が広がり、まさに「雲上の楽園」です。

「山頂」のイメージとはかけ離れた広大な湿原が、登山者を魅了します。

日本百名山が人気のわけ

いろんな山があるのに、なんで日本百名山は人気なんだろう。

その人気の理由はこんなきっかけがあったからかも知れません。

「百名山ブーム」

NHKのテレビ番組でも紹介されるなどして、高年者を中心に「百名山ブーム」が起こりました。

現在では山ガールや、若い年齢層にも人気があります。

日本百名山に選ばれた山は登山者が多いため、他の山に比べてもアクセスがも良く、登山道も整備されていることが多いです。

地図や雑誌やネットでの情報など、登山情報も多くあるため、そういった意味では登りやすいと言えます。

「山バッジ」集め

私も「百名山に全部登ってみたい!」と思ったきっかけのひとつが、「山バッジ」です。
なんで山バッジ?と思う方も多いかも知れませんが、登山を楽しむ方で集めている方はとても多いと思います。

せっかく山頂を踏んだのであれば、何か記念になるもが欲しい!そんな方には山バッジをコレクションするのもおすすめです。

山によって、さまさまなデザインの山バッジがあり、山小屋限定のものがあったりと、新しい山バッジを集めるために登っても楽しいと思います。

登る際に気をつけること

日本百名山に限らず、山に登る際はしっかりと登山の準備をして挑みましょう。
事前にコースを調べ、登山届けを出すこと。

そして山の天候は変わりやすいです。

季節を問わず、雨具は必須です。

また上着などを持って行き、体温調節ができるようにして行きましょう。

街とは違う「山」に登るということを意識して、行動するように心がけましょう。

まとめ

今回は日本百名山を紹介していきました。

私もはじめて登った山は、日本百名山でした。天気も良く、山頂からの景色にとても感動したのを覚えています。

登山初心者の方は、難易度の低い山からチャレンジをしていき、徐々に難易度をあげ、100座にチャレンジしていく方も多くいます。

「山に登ってみたい!」「山がたくさんありすぎてどこを登っていいのか分からない!」そんな方は簡単な百名山から登ってみてはいかがでしょうか?

きっと、想像以上の感動した景色に出会えると思います。

ライター:nozomi / 編集:クレイジーキャンプ編集部

登山カテゴリの最新記事