朝霧ジャンボリーオートキャンプ場VSふもとっぱらを徹底比較してみた!

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場VSふもとっぱらを徹底比較してみた!

誰もが一度は訪れる、日本有数のキャンプ場!

「静岡県富士宮市」富士山がそびえるこの場所に贅沢にも2つの大きなキャンプ場があります。

キャンパーの聖地とも呼ばれるその場所は…

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場(以下、朝霧ジャンボリー)と

ふもとっぱらキャンプ場(以下、ふもとっぱら)です。

今回はどちらも魅力的なキャンプ場ですが、敢えて筆者の視点から徹底比較してみましょう!

どちらに軍配が上がるかは最後のお楽しみ♪

これを読んだら皆さんも、行ってみたくなること間違いなし!

よく聞く名前だけど...どんなところにあるの?

どちらも標高800m以上に位置し、夏場でも涼しいです。

若干ふもとっぱらの方が高い位置にありますが、さほど変わりません。

(夜は冷えることがあるのでアウターは必須!)

人気のキャンプ場なのでたくさんの人が訪れますが、どちらも広大な敷地なので混み合う事は少ないです。

一番はやっぱり日本一の富士山が望めるという事

ほかにも、富士五湖が近くにあり、探検に出かけるなどが人気!

カヌーなら河口湖、釣りなら田貫湖などなど

そして富士山がよく見えるのはどっち?答えは...

天候が良ければどちらも見えます!

敢えて選ぶなら、ふもとっぱら

平坦なので、遮るものがなく必ず見えます。

ただし朝霧ジャンボリーも一部を除いては必ず見えますのでご心配なく

どちらもお腹いっぱい富士山を堪能できます△

それでは細かく見ていきましょう!

1.まずは料金

ふもとっぱら・・・3500円(ソロの場合2000円)

朝霧ジャンボリー・・・入場料(一人)1000円+サイト利用料(レギュラーシーズン)1700円

ソロだったりファミリーだったりシーズンによって違うので、料金に関してはホームページを要チェックです。

どちらもそんなに差はないような気がしますので、あまり気にする必要はなさそうですが、人数によって違ってくるのかなと?

2.アクセス

どちらも・・・東名高速道路の「富士I.C.」、新東名高速道路「新富士I.C」、中央自動車道「河口湖I.C」から139号線沿い、どちらもインター降りて30~40分程度といったところです。

両方の場所が近いので、どちらも行きやすいということにしましょう。

道もほぼ1本なので、よほどの方向音痴でない限り迷うことは無いかと...

買い出しは最寄りのコンビニが5分圏内にありますが、スーパーはインター付近で見つけたら先に買いだすのがベター

道の駅もありますので、地元食材はここで調達しましょう!

3.サイト

ふもとっぱら・・・フリーサイト、大草原、車の乗り入れOK

朝霧ジャンボリー・・・フリーサイト、全面芝生、車の乗り入れOK

芝生が良いか、ただの草が良いのか?どちらも草か...

朝霧ジャンボリーなら斜面もあり、木などで日差しを遮る場所もありますが、

ふもとっぱらは平坦で日差しを遮るものはありません。夏場はタープ必須

4.お風呂

ふもとっぱら・・・基本は無いようですが、団体など条件によっては大浴場には入れます。(車で10分のところに温泉があります。)

朝霧ジャンボリー・・・シャワー無料(レギュラーシーズン)

お風呂に入るのはどちらも期待しないで、最初から近くの温泉に行くことをお勧めします。

個人的には朝っ風呂を浴びて車で帰るのが気持ち良いです!

ここまでで、軍配...上げられませんね

一旦場内マップを見てみてください。

出典:http://www.asagiri-camp.net/free.html

出典:https://fumotoppara.net/facilities

さらに細かく見てみましょう!

・予約

ふもとっぱら・・・予約不要!(ただし、予約したほうが確実に泊れます。)

朝霧ジャンボリー・・・ネットで予約すると割引あり

・トイレ

ふもとっぱら・・・〇常設1か所のみウォシュレット、サイト付近は仮設トイレが数か所

朝霧ジャンボリー・・・〇常設、水洗が数か所

・水道

どちらも・・・〇数か所に存在

・ゴミ

ふもとっぱら・・・専用のごみ袋で処理してくれます。事務所で購入

朝霧ジャンボリー・・・すべて持ち帰り

・レンタルや販売など

ふもとっぱら・・・薪500円、木炭600円、テント2000円ほか

朝霧ジャンボリー・・・薪600円、木炭600円、テント5000円ほか

手ぶらの方だとふもとっぱらの方が若干安いかも、ただ朝霧ジャンボリーの方がレンタルできるものは多いかも

・焚火(BBQ)

どちらも・・・直火でなければOK

・ペット

ふもとっぱら・・・大丈夫

朝霧ジャンボリー・・・禁止サイト以外は大丈夫

できるだけペットはリードに必ずつなぐこと!

・その他

どちらもドローンは飛ばせませんが、ふもとっぱらならセグウェイに乗れます。

さぁ軍配は...どちら

ふもとっぱらの方が比較的ゆるいですが、朝霧ジャンボリーだって全然問題ない

好みの問題でしょ?って言ったら怒られる?

すみません、僕にはどちらも上げれません~どっちも行くのがベストでしょ!

っということでまとめ

申し訳ございません。どちらも軍配は上げられませんでした。

一番はやっぱり富士山ということでご勘弁を

是非皆さんも一度は行ってみてください!

以上今回もご拝読いただきありがとうございます。

※比較情報はすべて鵜呑みにしないでください。あくまでも参考程度に(笑)

実際に行く前には公式のホームページを見て、必ず調べてから行きましょう。

キャンプカテゴリの最新記事