【本格的】初心者でもできる!火打ち石での火起こし方法まとめ

【本格的】初心者でもできる!火打ち石での火起こし方法まとめ

キャンプやアウトドアをするときに火は必ず必要となります。

薪に火を起こそうとしたしたときにライターやマッチが何かしらの理由で使えなくなった場合、火打石を使って火を起こす方法があります。

火打石を使って火起こしを行うのは初心者には難しいと思っていませんか?実は火打石は初心者の方でも簡単に火を起こすことが出来ますので、本格的に活用することが出来ます。



火打石とは?

火打石と聞くとテレビの中で時代劇などに使われており、現代ではあまり使わないイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、現代でも火打石は販売されており、実際にキャンプなどで使用している方も多くいます。

また、火打石で火を起こす際に使われているのは火打ち金と言われる道具がなくては火を起こすことが出来ません。

厄除けや詮議担ぎにも使われている

また、火打石はキャンプ以外にも厄除けや詮議担ぎにも使われています。

先ほども紹介しましたが、時代劇で出かける前に火打石と火打ち金を使って旦那を送り出すときに火花が出ます。

その火花を切り火といいます。

初心者でも簡単!火打石の使い方

火打石を使って実際に火を起こすことは簡単で、初心者でも簡単に火を起こせるようにキットでの販売もしていますので、意外と簡単に火起こしが出来ます。

ここでは火起こしに必要な材料を紹介していきますので参考にしてください。

必要になる材料とは?

初心者でも簡単に、さらに本格的なキャンプを楽しんでいただくために、火起こしを行っていく上で必要となってくる材料を紹介します。

火打石

火打石とはマッチやライターの代わりに火を起こすことが出来る石で、石はめのう石を使用しています。

多少濡れていても火起こしが簡単に出来るので、キャンプ以外にも災害時にも使えわれています。

火打金

火打金とは火を出すのに用いた三角形の鋼鉄片のことで、火打石と併用することで火花が出ます。

火口

火口とは火打石から発火した火を写し取る材料のことで、麻やイチビの茎を炭にしたものを加工して使います。

附木

附木とは薄く短い木片の片方に硫黄を塗られたもので、火のついた火口や炭火から火を移すことに用いられています。

簡単に説明するとマッチと同じような役割です。

火打石はアウトドアに最適

火打石はキャンプなどのアウトドアには最適で、多くの方が使用しています。

また、初心者の方でも簡単に火起こしが出来るようにキットや説明書付きの商品も販売されていますので、本格的にキャンプをしてみたい方は購入することをおすすめします。

火打石・火起こしセット

火打石・火起こしセットには上記でも記載しましたが「火打石」「火打金」「火口」「附木」がすべてセットになった商品が売っています。

その中でもおすすめのセットは「滝田商店ブランドの火打鎌」です。

こちらの商品は火起こしが簡単に出来るようになっていますので、初心者の方でもおすすめの商品です。

値段は1758円と安く購入することが出来ます。

続いておすすめの商品はマグネシウム ファイヤースターター ロングです。

この商品はマグネシウムで出来ているので、マグネシウムを削るだけで簡単に火花が出ますので、こちらも初心者の方におすすめです。

値段は1400円とこちらもリーズナブルなお値段になっていますのでおすすめ出来ます。



火打石で火起こしをする方法とは?

ここまで火打石を使って火起こしをすることは簡単で初心者でも簡単に使うことが出来ると説明してきましたが、火起こしをする方法が分からないという方は多いと思います。

ここでは実際に火起こしをする手順を紹介していきますので、この記事を読んで参考にしてください。

火起こしをする手順

火起こしをする手順は以下になります。

  1. 自分の利き手に火打金をもち、反対の手で火打石を持ちます。
  2. 火打石のとがっている部分に火口を一つまみ乗せます。
  3. 火口を載せた火打石と火打金をこすって火種に火をつけます。
  4. 火口に火種が出来たら消えないぐらいの強さで息を吹きかけ火種を大きくしていきます。
  5. 火種が大きくなったら附木の硫黄が塗ってある部分に火をつけ炎にしていきます。
  6. 火が気に燃え移り、しっかりと燃えたら成功です。

このような手順を行うことで火種に火がつき、炎に変えていきます。

初めはコツがつかめないと思いますが、慣れてしまえば簡単に火起こしが出来るようになりますので、ぜひ挑戦してみてください。

まとめ:火打石を本格的に使いこなそう!

火打石を使って火起こしが出来るようになればキャンプやアウトドアに活用できます。

また、それら以外でも災害の時に役立てることが出来るようになりますので、ぜひ覚えてほしい技術です。

火打石を使って火を起こせるようになれば、ガスコンロも必要なくなりますし電気を使うこともなくなり節約にもなりますのでおすすめです。

これから本格的にキャンプやアウトドアなどを始めてみたいという方はぜひ火打石を使って火起こしに挑戦してみましょう。



キャンプカテゴリの最新記事