【キッチン編】ユニフレームの〇〇ですぐさま本格キャンパーの仲間入り!

【キッチン編】ユニフレームの〇〇ですぐさま本格キャンパーの仲間入り!

今年こそキャンプを始めよう!テントは買った!さて次は何を揃えれば良い?

そんな悩みを解決する今回のキッチングッズ特集です。

キャンプで食べるご飯は格別美味しいですよね。

初心者でも扱いやすく、でも本格的なキャンプ飯が楽しめる、そんなアイテムをご紹介します。



初心者こそユニフレームがオススメな理由

まず、初心者でも扱いやすく、デザインがシンプルかつ機能的なギアを揃えているユニフレームというブランドをご紹介します。

新潟県燕市が拠点の日本のアウトドアメーカー。

壊れにくく、使い方がシンプルでわかりやすい商品作りを目指しているそうで、ベテランキャンパーからも愛されているブランド。

キャンプギアの古い概念にとらわれず、画期的な新しい技術をどんどん取り入れています。

本記事でも後に紹介する、カセットガスを使用したバーナーをどこよりも最初に作ったメーカーとしても有名です。

筆者がキャンプを始めた当初は、キャンプギアってなんだか泥臭くてお手入れが面倒くさい…

さらには、お手入れを楽しむのが美徳のようなイメージもあったのですが、ユニフレームは初心者でもキャンプに取り入れやすく、扱いやすい商品をたくさん作っています。

そこで今回はユニフレームからオススメのキッチンギアを3点紹介します。

キッチンで何が必要!?まずは火元ですよね!!

①初心者でも簡単‼︎ユニフレーム ツインバーナーUS-900

出典:ユニフレームHP

こちらのツインバーナーは何とカセットボンベが燃料です。

キャンプ用のバーナーの燃料はガソリンやOD缶などが多いですが、専門店でしか手に入らない、扱いにくいなど初心者にはハードルが高かったりしますよね。

カセットボンベだとスーパーやホームセンター、最近では100円均一でも見かけるので非常に身近でお手軽です。多めに買っておいても非常用に備えておけるのもこのバーナーのいいところ。

そして取り扱いも簡単で、点火はワンタッチ、火力調節もつまみで自由にできるので、キャンプでの調理をお家で調理するのと差して変わらないクオリティーに仕上げてくれます。

また側面に風除けが付いているのもさりげないですが重要で、屋外での調理は思いの外風に影響されるので嬉しいポイントですね。

収納もコンパクトで◎

出典:ユニフレームHP

収納時は約540×325×115mmというコンパクトさ3.9kgの超軽量で、アタッシュケースのような佇まいでキャンパーの心をくすぐります。

キャンプギアの収納は車への積載を始め常に頭を悩まされるものですが、こちらだと隙間に滑り込ませられそうですね。

バーナーは手に入れた‼︎さてどこで調理する?

おススメ調理台 ユニフレームキッチンスタンドⅡ

出典:ユニフレームHP

バーナーは入手したけど、どこで調理するのかが問題ですよね。︎

私もこちらを手に入れるまではバーナーを地面に置いて、テーブルの上で調理していました。

しかし、そもそも調理中の姿勢がしんどいし上に、その間テーブルの上は調理器具でいっぱい…

さらには、食事の前に片付けても置き場がなく、ストレスがいっぱいでした。

それがこの調理台を導入することによって快適なキッチンが出来上がったのです。

まず、先ほどご紹介したツインバーナーがこの調理台にぴったりセットできるので、立ったままでも無理な姿勢になることなく快適に調理ができます。

また天板1つの対荷重は15キロまでなので、置き場に悩むウォーターサーバーをセットすることもできます。

ステンレス製の天板なので熱々のフライパンやダッチオーブンをそのまま乗せることができるのも魅力的。

キャンプではキッチン周りの小物の置き場に困りがち、このキッチンスタンドがあれば調理台兼収納棚をこちらひとつで叶得ることができます。

天板をウッド調にカスタマイズすることも可能で、お好みのキッチンスタイルを楽しめそうです。

1つあるだけで本格派!?

③キャンプを始めたならいつかは手に入れたい‼︎洗剤で洗えるダッチオーブン

出典:ユニフレームHP

キャンパーであれば持ってみたいギアのひとつダッチオーブン。

ただシーズニングなど手間のかかるお手入れが必要で、手を出しにくいギアでもあるのではないでしょうか。

その点こちらのユニフレームのダッチオーブンは使い始めにシーズニングをしたあとは、食器用洗剤で洗えて清潔、あとは乾かして油を塗ってお手入れ終了なんです。

サイズは少人数や炊飯に適した8インチ、ファミリー用に適した10インチ、鶏の丸焼きやグループキャンプに適した12インチの3サイズ。

我が家ではグループキャンプをすることが多いので12インチを使用しています。

熱伝導が良く、短時間でしっかり火が通るのでお肉もホロホロに崩れるほど柔らかく仕上がります。

ダッチオーブンで炊いたご飯は粒が立っていて格別に美味しいですよ。

まとめ

出典:ユニフレームHP

さて、ユニフレームのオススメキッチンギアを3点紹介いたしました。

気になるアイテムはありましたか?ここでご紹介したギアは初心者でも取り扱いやすく、お手入れも簡単かつ本格的なキャンプ飯が楽しめるアイテムです。

今年こそ快適なキッチンで楽しい仲間とキャンプを始めてみませんか?



アウトドア用品カテゴリの最新記事