【2万円台で買える】絶妙な価格のポータブル電源をキャンプと車中泊で試してみたよ!

【2万円台で買える】絶妙な価格のポータブル電源をキャンプと車中泊で試してみたよ!

こんにちは!編集長ARATSUです☆

前回【1万円台で買える】ROCKPALSのポータブル電源ってどうよ!?という記事を書きました。

そこで、今回はもう少し奮発!笑

2万円台で買える…絶妙な価格のポータブル電源をゲットしました。

ROCAPALSの正弦波 64800mAh/240Wh のポータブル電源をご紹介します。

今回はキャンプでの使用とは別に、スタッフYusukeの車中泊の旅での使用レポもご紹介!



目を引くスタイリッシュなボディとカラー!

おしゃれなカラーリングで、スタイリッシュな印象のあるボディです。

このように掴んでも、取っ手が持ち上がるため非常に持ち運びやすいですよ♪

また、気になるスペックはこのような感じ。

製品仕様

型番:K36
電池容量:64800mAh、3.7V/240Wh
定格電力:250W
出力:DC、AC、USB
出力方式:正弦波インバーター

AC出力 :110V/60Hz ( 定格250W、Max300Wの出力、純正弦波)
USB出力:5V/3.1A(Max) x 2
DC出力:12V/5A(Max) x 4 (Max60WのDC出力、4つDCポートで5Aシェール)

パッケージ内容

ポータブル電源本体
取扱説明書
充電用ACアダプター
DC充電ケーブル
カーチャージャー
シガーソケット

また、2.5kgという軽量でありながら、連泊にも使えるほどの大容量なのが嬉しいポイント。

取り扱い説明書も、分かりやすくしっかりしているため機械が苦手な方でも簡単に扱えると思います。

分かりやすいON/OFFボタンで初心者でも安心

こちらをONにすれば、コンセントが使えるようになります。

そう!AC出力が自動でONになる仕様なのです。

これさえONにすれば、コンセントが使えちゃうよ◎

差し込み口が変わっているけど…

初めて見た感じ…これでコンセントを差し込めるの?と機械音痴な編集長は半信半疑。笑

慌てて説明書や、購入時のamazonページの商品画像や説明を確認!

なるほど…このように差し込みます!

説明書を見てトライ!

このような向きでグッとしっかり差し込みます。

多少の力は必要ですので、慣れるまでは戸惑うかもしれませんが女性でも十分に差し込むことができますよ。

同時充電も可能です!しかもスマホなら約25回充電できます。

グルキャンでも問題なく使用できました。

ソロキャンプでも、スマートフォンとランタンの同時充電にもオススメですよ◎



充電残量も一目瞭然

よくポータブル電源は、充電の残量が分かりにくいとか…

肝心な時に充電が切れてしまったなどの懸念が挙げられます。

しかし、このROCKPALSのポータブル電源は上記の写真のように充電残量が一目瞭然。

iPhoneのようにパーセントで表してくれるので、20パーセント刻みではありますが嬉しいですよね。

バックスタイルもシンプルでおしゃれ♪

クセのないデザインのため、男女ともに愛用しやすいのではないでしょうか。

チームクレイジーの男性陣からも、「これかっこいい!」と大好評でした。

キャンプやアウトドア好きの男性へのプレゼントにも良いのでは♪

キャンプ以外も◎スタッフに持参してもらい車中泊の旅へ

今回は、キャンプ以外でも使ってみようと…

キャンプ場で1泊2日過ごしたこちらのポータブル電源を、そのままチームクレイジーのスタッフYusukeに託しました。

そう!今回は車中泊の旅に持参してもらい使用感などを検証してもらいました。

3泊4日の車中泊の旅で使用。

使用用途は主に、スマートフォンの充電です!(だいたい皆さんもメインはこれですよね♪)

日中は観光ですので、写真をあちこちでカシャカシャ!動画も撮影してスマートフォンの充電は毎晩減ります。

そのため毎晩フルで充電をしていたそうです。

しかし、3泊4日の旅が終了した際にポータブル電源の電池残量を確認したところ80%程残っていました。

これ…ソロでの車中泊の旅なら1週間以上いけるのでは?

素晴らしいポテンシャルですね。

ちなみに、田貫湖キャンプ場をあとにしたYusukeは、ほったらかし温泉を堪能したのちに長野県は松本を満喫したそう。羨ましいぞーーー!!!

(※編集長は同日に山梨県の本栖湖周辺や身延町など、ゆるキャン△の聖地巡り…これはこれでかなり楽しかった♪笑)

実際に使ったYusukeの感想をご紹介!

車中泊だとエンジンかけて寝るのはマナー違反だから、エンジンをかけずにスマホを充電をできたのは正直かなり嬉しいし助かった!

いつもなら、充電切れを恐れて出来ない、映画や動画をみたりするのも車内で思い切ってできた。

充電が切れてしまうと、翌朝アラームが鳴らないのが怖いけど、このポータブル電源があればそんな心配がないのも、旅を安心して楽しめるポイントだった。

いつもは、小さなモバイルバッテリーで充電をしているけれど、それよりも何回も充電できるしコンセントも使えるし安心感がある。

あとは、室内灯をつけているとバッテリーあがるかもという懸念があるけど、充電を気にすることなく車内でもランタンを思い切り使うことができた。ケーブルを繋いだままでも使用できた!

今後は、冬の車中泊の時は電気毛布などを使用してみたい!

このポータブル電源、車中泊マナーも守れるし充電の不安も無いし本当に最高だった!



まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、キャンプだけでなく車中泊の使用感もご紹介しました。

実際に使用した意見なので、良かったら参考にしてみてくださいね。

ROCKPALS ポータブル電源 ここから購入できます

また、スタッフYusukeは、5月18日-5月19日(日)に開催

令和発!日本一アットホームなキャンプイベントクレイジーキャンプフェスVol.1 にも来ますよ。

車中泊の旅について気になる方は、是非色々と聞いてみてくださいね♪

クレイジーキャンプフェス詳細はこちら

こんなおしゃれな作品もワークショップで作成可能♪

アウトドア用品カテゴリの最新記事