【夏キャンプ】これだけは対策しておきたい3つのポイント

【夏キャンプ】これだけは対策しておきたい3つのポイント

夏!プールや海、花火にキャンプなどアウトドアが楽しい季節ですね!

子供たちも夏休みに入るし、キャンプに行くぞ~!というお家も多いんではないでしょうか。

かくいう我が家も夏休みキャンプを企画中☆

でも、実はキャンプに最適なシーズンは春や秋なんですよね。

夏のキャンプは事前準備がとっても重要!

ポイントは「暑さ対策」「虫対策」「お風呂対策」

それぞれ詳しく見ていきます☆



その1.まず重要なのは暑さ対策!

夏のキャンプのお悩みは何より暑さ。我が家はこれにつきます。

夏でも冷え性の私と違い、常に汗だくの旦那。

暑さにやられて、夜も眠れず、次の日はぐったり...という事がありました。

また、小さい子は熱くても楽しい時は気にしません!

大人が気をつけていないと、一気に限界値に達してぐったりなんてことも。

暑さ対策はキャンプ場選びから!

できるだけ高地のキャンプ場を選びましょう。

高地のキャンプ場は平地のキャンプ場と気温が断然違います。

標高が100m上がるごとに、気温が0.6度ぐらい違うそう。

その中でも日陰の多いサイトがおすすめです!

「木漏れ日のサイト」とか「林間サイト」などがあったら是非。

海辺のキャンプ場は憧れますが、絶対に灼熱です。

ファミリーキャンパーで、どうしても行きたいなら、コテージ泊がマストです。



電源サイトを選ぼう!

サーキュレーター(扇風機)が使えます!

夜のテントの中は灼熱です。

寝るときにつけるだけでなく、日が落ちた後にテントの中に風を送ると、真夏の暑い空気が入れ替わります。

木漏れ日サイトに電源はないよ~というときには、ポータブル電源という選択肢も!

キャンプだけでなく、災害時にも役立つので検討の価値ありです。

あと、電源サイトでは使える電力(A)をしっかり確認していきましょう。

タープは朝早く立てよう!

できれば、アーリーチェックインをして、タープは日が高くなる前に立てましょう。

タープを早めに立てることで、しっかり日陰を確保できます。

その際、方角もちょっと頭にいれて、西日が入らない設計(西側に木とか車とかでも☆)にするのがおすすめです。

また、テントは日が沈む直前に。

タープやテントは、生地の違いや形状の違いで暑さや風通しが違ってきます。

もし、夏にしかキャンプに行かないというのであれば、夏に適したテントの購入を検討してみても!

出典:楽天市場

コットン生地100%使用。4方向メッシュのワンタッチテント。

ワンタッチなので設営が楽!コットン100%は吸湿性に優れて快適に過ごせます。

メッシュなので、突然の雨には要注意。大きめのタープの中に設営すると安心です。

また、テントで寝ずに、タープの下にコットを立てて寝る「タープ泊」

どうしても寝苦しいお父さんは試してみてください!

リーズナブルなコットでも1つあると便利かも♪ベンチにもなりますよ。

キャンプ コット キャンプ用品 アウトドア コット キャンピングコット 軽量 コンパクト アルミ 簡易 ベッド レジャー ベンチ チェア イス 椅子 いす バーべキュー BBQ ハイキング 行楽 運動会 ロータイプ 組み立て 簡単 収納袋付き 休憩 寝床 od281

価格:5,750円
(2019/6/24 01:44時点)
感想(3件)

 水を入れて敷くマットも売っています。持ち運びにはかさばらなさそうですので

タープ泊を試してみるお父さんに是非。

出典:楽天市場

クールウォーターパッド ライト ハーフサイズ【送料無料】

価格:3,518円
(2019/6/24 01:46時点)
感想(10件)

 他にもいろいろな対策が!

とにかく氷をたくさん確保しておきましょう。

食材が傷みやすい季節なので、保冷バッグをしっかり冷やすためにも必要ですが、どうしても寝苦しいときに袋に入った氷はとっても役にたちます。

ちょっと首回りを冷やしたり、足元を冷やしたり。

できるようなら、持ってきた氷の他にも、受付で買い足したり、近くのスーパーで買い足しましょう。

受付にアイスが売っていたり、少し冷房の効いている休憩スペースが遅くまで空いているところも要チェックです。

また、水遊びができる(川遊びなど)キャンプ場だと、日中の暑さは和らぎますね。

その2.虫対策!大敵は蚊!ムカデ!

正直、虫は夏に限らず現れるし、キャンプに行けば年中対策が必要です。

でも、夏キャンプ。暑さ対策に気をとられて、ついつい肌を露出しがちです。

日焼け対策だけでなく、しっかり虫も対策しましょう!

オススメ蚊プッシュ

出典:楽天市場

夏といえば蚊!刺されたら痒いし、子供はぐずるし、旦那は機嫌が悪くなるし・でいいことなしですよね。

この、蚊がいなくなるスプレーはすごいです!キャンプ場のみならず我が家でも使用していますが、気がつけば蚊がクッタリと倒れています。

テント内にシュッと一吹き。必須です。



蚊取り線香

キャンプと言えば蚊取り線香!最近はおしゃれな色や香りのものがいっぱい売っています。

ぶたさんの蚊取り線香入れにセットするのも映えますが、やっぱりキャンプ。ペグにさしてみましょう。

出典:村の鍛冶屋

そして、一押し蚊取り線香は、断然!パワー森林浴!効果抜群です。

出典:楽天市場

また、ムカデなどは靴を履く時や、カバンに手を入れる時には都度目視でチェックをしましょう!

服装はおしゃれに☆

夏はついつい薄着をしてしまいがちですが、半袖、ハーフパンツは危険です。

寝る時はきっちり長袖長ズボンで!

私的には夏用おしゃれジャージがオススメです。

出典:楽天市場

番外編:虫除けリング

これの効果の程は、私的には不明です(笑)

でも子供はとっても喜んでつけてくれます。

キャンプに行く!と言えば買いに行こう!と真っ先にいるものリストにあがります。

そして、キャンプの後は子供たちの思い出箱の中に(笑)

レモンバームの香りがとってもするので、結構強力に虫を除けてくれているのかもしれませんね。

虫除けリング 蚊除けリング 虫よけブレス 5個セット 長さ調節可能 天然成分 子供 大人兼用サイズ 虫除け 蚊除け ブレスレット おしゃれ アウトドア BBQ キャンプ 虫対策

価格:490円
(2019/6/24 01:47時点)
感想(0件)



その3.お風呂対策!

夏は汗だくになるし、キャンプ嫌だなあ、と思う女性も多いかもしれません。

なので、夏はできるだけお風呂施設の整ったキャンプ場を選びましょう。

今どきの高規格キャンプ場なら、温泉つきのところも多くあります。

また、車で数分のところに温泉があるキャンプ場も。

お風呂がない場合、コインシャワーがあるところがほとんどです。

しかし、お父さんや子供の夏キャンプは水道水さえあればOKかもしれません。

暑さ対策にもなるし(笑)頭からざば~っとかぶってしまえばスッキリです。

まとめ☆夏のキャンプを楽しもう!

出典:弁天浜キャンプ場

子供を連れてのキャンプならば、無理をせずにコテージ泊がおすすめです。

でも、コテージもなかなか予約が取れないし、やっぱりテントでキャンプがリーズナブル。

夏のキャンプも、しっかり下準備すれば絶対楽しく過ごせます!

せっかくの夏!海に川に花火にバーベキュー!

最近では、夏のキャンプで焚き火も流行っているようです(早朝がおすすめ?)

しっかりと準備して、最高の夏の思い出を作ってくださいね。



キャンプカテゴリの最新記事