話題!One Tigrisシェルターでミリタリー女子キャンプをしてみた!

皆さんこんにちは!

クレイジーキャンプ編集長のARATSUです。

いやー!ついにInstagram ( @crazycamp_jpn )のフォロワー様が2,000名を超えました☆

立ち上げた当初は想像もできなかった!相変わらず細々と楽しく運営しております。笑

是非ぜひフォローお願いします!

ということで…本題!!!

実は、クレイジーキャンプ待望の女性スタッフAkaneと女子キャンプをしてきました。

しかも今話題のミリタリーキャンプ風!

といっても…本格的なサバイバル系ギアは一切なし!!!

誰でもカンタンにできるミリタリー風キャンプをご紹介したいと思います。



リーズナブルで優秀揃い!使用したギアたち

1.One tigris シェルター (カーキ)

こちらが付属品全てです◎

ペグやガイロープも最初から入っているので、買ったその日から設営OK!

キャンプ初心者さんにも優しい印象です。

収納袋のサイドにはロゴがしっかり◎

こういう細やかな気遣いでおしゃれ度UP!!!

2.Sutekus ポール

収納袋もセットなのが嬉しいポイント◎

4本をカチッカチとしていくため、2本や3本で使用することも可能。

カチッカチッと差し込んでいくだけ!

先端はこんな感じです。

リーズナブルにも関わらず、お値段が高めのアウトドアブランドと変わらないクオリティ。

3.Sutekus ペグ 30cm

リーズナブルなペグは、収納袋がセットではない場合も多いですよね。

しかし、Sutekusのペグは収納袋もセット!!!買い足す必要がないのは嬉しいポイント。

1つひとつ、透明袋に入っているのも好印象。

ズッシリと重厚感があります!

先端も尖りがしっかりしており、ハンマーでトントンと軽く叩くだけで女性でも簡単に入っていきます。



いざ!設営していきます

まずは、シェルターの四隅をペグで止めていきます。

この時に、テント同様にできるだけ引っ張りながら止めていきます。

そうすることで、後々の張りが足りないなどの微調整(ペグの打ち直し)も最低限で済みます!

しっかりと芝に打ち込んでいきます。

蛍光グリーンでとにかく見やすい!

四隅を打ち込んだら、両サイドにポールを挿します。

おっ!!一気にシェルターらしくなりました。

ここまで所要時間、女2人で説明書なしの状態かつ初設営で10分程度。

前方のジッパーを開けて、ポールを両サイドに。

あとは、ピンと張るように再度ペグの位置を調整したりして完成です!

Sutekusのペグはずっしりしているだけでなく、叩く部分も幅が広めなので女性でも打ち込みが楽々。

完成!!!

日差しの強い中でも、しっかりと日陰が作られていることが分かると思います。

また、色を揃えるだけで特別なギアがなくてもミリキャンっぽい感じになります。

正面前方にはランタンフックもあります。

コット1台すっぽり入るため、ソロキャンプの場合はテント代わりにこちらのシェルターを利用するのもアリだなと。

女子に嬉しいメッシュで、虫除けもばっちりです。

渚園特有な感じの強風にも見舞われましたが、Sutekusのポールもばっちり。

突風に負けたり、ぐらつくこともなく安定感がありました。



早速BBQ

女子キャンプの場合、手軽さも求めがち。

ダイソーの使い捨てBBQコンロ(300円)で、レッツBBQ!!!

針金より少し太いくらいの支えしか付いていなかったので、万が一の芝が燃えるリスクを考えて、写真ように薪を2つ置いて環境保護◎

肉が焼けるまでは、つぶ貝で♪笑

いやー!新スタッフAkaneとのキャンプは楽しい。

来春のCRAZY CAMP Fes Vol.2に向けてあんなことやこんなことまで…色々話しました。

暑くても焚き火はマスト

焚き火を楽しみながら♪

真夏で暑くても、焚き火はやりたくなるよね。

汗だくになりながらも、パチパチと燃える姿に癒されました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、女子的ミリキャンについてご紹介しました。

ハイクオリティかつリーズナブル!な今回使ったギアたちはこちら。

One Tigrisシェルター

Sutekus ペグ30cm

Sutekus テント タープ用ポール



キャンプカテゴリの最新記事