皆なに乗ってるの?キャンパーが選ぶ車を一挙まとめてみました!

皆なに乗ってるの?キャンパーが選ぶ車を一挙まとめてみました!
アプリで読む

キャンプの相棒とも言える、愛車。

長時間の移動、積載とキャンプに適した移動手段であるのはもちろん、車内泊、カーサイドタープなどキャンプスタイルの幅も広げてくれます。

そこで今回は、キャンパーが選ぶキャンプ車をまとめてみました!



【ソロ〜少人数向き】

・遊び心満載!ソロキャンパーに根強い人気「スズキ・ハスラー」

 

出典:instagram by @ hustler1119

出典:instagram by @trux

出典:instagram by @ironcraft_yamachan

豊富なアクセリーでボディーカラーや内装も好みにカスタムでき、お洒落で可愛らしい印象のハスラー。

しかし、あなどることなかれ、その性能は軽とは思えぬキャンプ上級者なんです。

S−エネチャージと呼ばれるスズキの最新システムが導入されていることで、キャンプの長距離移動でも低燃費を実現。

ラゲッジフロアは樹脂製で、泥や土の汚れも拭き取りやすくなっています。

また、純正オプションでは、ラゲッジネットや車中泊用ベッドクッションセットまであるというから驚き。キャンプでの使用を前提に考えられていますね。

 

出典:スズキ

 

ただし、積載視点で考えると決して容量は多くはない為、ソロ〜2人までの少人数のキャンプをするという方にオススメです。

※同じくソロキャンプを中心に人気の新型ジムニーは、燃料ホースの不具合で燃料が漏れるおそれがあるとしてリコールの届け出がされていますので、検討中の方はご注意を。



・少人数キャンプにコスパ最強!もう迷わせない「日産・エクストレイル」

 

出典:instagram by@ _risa_._

出典:instagram by@ci_hach

出典:instagram by @ katukabu4000

デビューして約20年以来売れ続けている、クロスオーバーSUVの代表格、エクストレイル。

ラゲッジフロアは、2列シートを通常通り使用しても565Lという大容量で、シートまで防水という内装の良さ。

そして、注目性能はプロパイロット(同一車線自動運転技術)。

アクセルやブレーキの自動制御に加え、ハンドル操作も制御してくれるという優れものなので、キャンプで疲れた帰りの高速道路などにとてもありがたいですね。

値段も220万〜と、性能とのコスパが最強です。



【大人数・ファミリー向き】

・ファミリーキャンプにはこれ!見た目・積載重視は「三菱・デリカD:5」

 

出典:instagram by @ __m._.ru__

出典:Instagram by@ yamasan.y

出典:instagram by@_yu_out

ミニバン+SUVとしてキャンパー界隈では有名なデリカ。

山や川に映えるデザインも素敵です。

内装は、ファミリーキャンプには最適な3列シート。

他のミニバンに比べると荷室は狭めではありますが、荷室高は1,310mmとロードバイクなども立てたままの搭載が可能です。

さらに、ミニバンで唯一のディーゼルエンジン、かつ車体構造にも強度の高いフレーム構造が採用されているという屈強なボディ。

アウトドア通のファミリーにはたまらないですね。

また、同じくミニバンでファミリーキャンパーに人気なのが「トヨタ・VOXY」「トヨタ・NOAH」

出典:cartune

出典:sasikiの雑記帳

小さな子連れのキャンプには嬉しい、スライドドア・ワンタッチ開閉。キーを取り出さずに荷物の出し入れができるので、普段使いにも重い荷物を運ぶキャンプにも、とても便利です。

また、床下収納なども充実しているので、積載も余裕がモテますね。



・憧れの王道SUV!アウトドアに映える4WD「トヨタ・ランドクルーザー」

 

出典:Instagramby@ 70t.t.l

出典:Instagram by@ahc80cmp

出典:Instagram by@chiver0210

世界に通用する4WDの最高峰と言えば、ランドクルーザー。

とにかくパワフル!大排気量のエンジンや、オフロード向けに四輪制御機能が搭載されているので、力強く安定した走行ができます。

その信頼性は、海外でレスキュー車やアフリカでの自然保護活動などにも使われてるほどです。

そして、第一にその見た目に惚れるキャンパーが多いのではないでしょうか。

60年の歴史の中でモデルチェンジが繰り返されてきたので、好みのモデルへの憧れは強いのでは。

タフな相棒君と共に、よりネイチャーなキャンプを楽しみたい方にオススメです。

番外編〜初心者キャンパー筆者が心ときめいたのはコレ〜

出典:西尾張三菱自動車販売会社

先程大人数キャンプ向けの箇所で紹介した、デリカD:5。

私が紹介したいのは、そのキャンピングカー仕様「D:POP」です。

このD:POP、なんと天井にポップアップルーフが装着できるんです。つまり、車の上で寝るスタイル!

一度はここで車中泊もとい車上泊をしてみたい…。そんな夢に溢れる一台です。

※ただし、こちらの車種は西尾張三菱自動車販売会社のみでの取り扱いになるのでご注意を。

自分好みの愛車を見つけよう

ちなみに…我が家の愛車は、ホンダのシャトル。

マンションの機械式駐車場縛りゆえ、理想〈〈〈現実となりましたが、それでも十分にキャンプを楽しめています。

どんな車でも、キャンプの相棒として乗り慣れたら最高の愛車!

自分のキャンプスタイルに合った車選びを楽しみましょう。



アウトドア用品カテゴリの最新記事