【どっちがいい?】フリーサイトと区画サイトそれぞれのメリット・デメリット総まとめ

【どっちがいい?】フリーサイトと区画サイトそれぞれのメリット・デメリット総まとめ

キャンプを楽しむ上で、フリーサイトにするか区画サイトにするか迷っている方はいませんか?

しかし、各サイトでもメリットやデメリットはつきものです。

今回の記事ではそれらの悩みを解決するために細かく書いていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

フリーサイトの魅力とは?

フリーサイトの魅力は何といってもスペースを自由に使えることです。広く使える分大人数で泊まることが出来ますし、リビングやキッチンも広々と設置することが出来るのもおすすめポイント。

また、フリーサイトにはオートフリーサイトと呼ばれるものがあり、設営したい場所まで車で荷物を運ぶことが出来ます。

重い荷物やキャンプ道具がたくさんあるときに便利ですね。ただし、車で入ることが出来ないキャンプ場もありますので事前に調べておきましょう。

フリーサイトが選ばれる3つのメリット

キャンパーの中には「キャンプをするなら断然フリーサイト!」という方が多いほどフリーサイトには魅力があるようです。

どれでは、フリーサイトが人気の理由にはどのような事があるのかを紹介していきますね。参考にしていただければ幸いです。

サイトを広々と使うことが出来る

フリーサイトが選ばれる最大の魅力は広々とゆったりキャンプを楽しめるところです。区切りがありませんので、思い通りのレイアウトが出来るのもフリーサイトの魅力でしょう。

しかし、混雑している時はいくら広々と使えることが出来るとはいえ混雑状況を把握し、譲り合いの精神をわすれないよう、しっかりマナーは守ってくださいね。

好きな場所に設営が可能

フリーサイトではどこでも自由にテントを張ることが出来るため、景色の良い場所にテントを設営することも出来ますし、夏場などは日陰になっている涼しい場所にテントを設営することが出来ます。

しかし、人気のスポットは皆さんが狙っていますので、早めにチェックインして場所取りをする必要があります。

区画サイトに比べリーズナブル

フリーサイトは区画サイトに比べるときちんと整備がされていないため、その分料金も安くなっています。

少しでも料金を安く済ませたいのならフリーサイトを利用する価値ありですね。

フリーサイトの3つのデメリット

フリーサイトは人気があるため、それが原因で注意する所もあります。それでは一体どのようなデメリットがあるのか紹介していきます。

人気フリーサイトは大混雑

ハイシーズンのキャンプ場は大混雑する場合があります。このような場合は隣のテントとの隙間が狭くとてもじゃありませんがゆったりできません。

このような事態を避けるにも早めのチェックインが必要になってきますので注意してくださいね。

車の出入りが自在なので注意が必要

フリーサイトは車の出入りが自由に出来ます。また、ほとんどのキャンプ場には道路はありませんので、急に車が飛び出してくる可能性があります。

特にお子さんには注意が必要で、遊びに夢中になっていて気が付かないことも多々ありますので要注意!

初心者には向いていない

好きな場所にテントを設営できると言っても初心者のキャンパーにはどのような場所がおすすめなのか分かりません。

そのような時は平らな場所や水場の近くは避けるようにしましょう。また、トイレや炊飯所には人がたくさん来ますので夜うるさくて眠れない可能性がありますので気を付けてください。



区画サイトの魅力とは?

先ほども紹介しましたが、フリーサイトは自由にテントを張ることができ、広さも自由です。

しかし、区画サイトは仕切りがあり限られたスペースでしかテントを張ることが出来ません。

しかし、区画サイトはファミリーや初心者キャンパーには最適で、きちんと整備されており安定した地形になっていますのでおすすめです。

区画サイトの選ばれる3つのメリット

それでは、区画サイトがファミリーや初心者キャンパーに人気がある理由を紹介していきますので参考にしてください。

イレギュラーが少ない

区画サイトは仕切りがありますので「ここからここまでがあなたの使って良い所ですよ。」という安心感がありますので、人見知りの方やキャンプにまだ慣れていない方はなかなか落ち着くことができずキャンプを楽しめないですよね?

そのような方は区画サイトで仕切りがあれば安心感もありますし、プライベートも保つことが出来ます。

水道や電気が整備されている

区画サイトの良い所は水道や電気といった便利な整備がされていることで、フリーサイトとは違い色々と準備をする手間が省けます。

また、電気があればライトや扇風機なども使うことが出来ますのでおすすめです。電気がない場合は電池や燃料系のランタンを使うことになりますので、安全面などもありますので楽しくキャンプができますね。

車を横付けできる

区画サイトでは車を横付けすることが出来るので、荷物の出し入れが便利な事とともに、目隠しになるのでプライベートの確保にもなります。

区画サイトの3つのデメリット

それではこちらでは区画サイトの不便だと感じるところを3つ紹介しますので参考にしてください。

標準的な区画サイトが狭い

区画サイトの標準的な幅は10×10mと狭く、大型のテントを設営しようとしても幅を超えてしまう可能性がありますので要注意!

テントやタープを準備した場合でも幅を大きく超えてしまい使えないケースも多々あります。

少し圧迫感を感じる

区画サイトは隣とのスペースが近いので、ゴールデンウィークや夏休みなどのハイシーズンには混雑が予想されますので、あまりにもキャンパーが集まると圧迫感を感じることがあります。

利用料が高い

フリーサイトと違い区画サイトは様々な設備や地面の整備がされていますので、利用料がフリーサイトよりも高くなっています。

少しでも安くキャンプをしたい場合はフリーサイトを選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ:どちらのサイトでもキャンプは楽しめる!

フリーサイトでも区画サイトでもキャンプを楽しめることが出来るので、一概にどちらが良くてどちらが悪いかということは言えません。

本当にどちらが良いのかを決めるのはあなた次第!

これからどんどんキャンプをしていく上で使いこなす方法が分かってきますので、キャンプスタイルを見つけていきましょう。



キャンプカテゴリの最新記事