【レポ写真あり!】ダイソーの200円スキレットって本当に使えるの!?

【レポ写真あり!】ダイソーの200円スキレットって本当に使えるの!?
アプリで読む

キャンプ飯で大人気のスキレット

みなさんはキャンプや普段の料理でスキレットって使ってますか?

スキレットは鋳鉄(ちゅうてつ)製のフライパンで、小振りでありながら重みがありステンレスやアルミのフライパンとは違い蓄熱製が高く、お肉等をふっくら焼いてくれる魔法のフライパンです。

見た目もおしゃれなので、調理後そのままテーブルに乗せても良いですね!

取っ手まで鉄なので、グリル等にもそのまま入れて調理することが可能です。

そんなスキレットですが、何と100円ショップでおなじみのダイソーより販売されているのをみなさんはご存知でしょうか?

今回はそのダイソースキレットをご紹介したいと思います!

ダイソースキレットはここが凄い!

ダイソーと言えば100円ショップですが、このスキレットは残念ながら100円商品ではありません。こちらのスキレットは200円商品となります。

しかしながらスキレットで200円はかなりお安いと思います!

また、ダイソーの他にもニトリが出しているスキレットも安価でありながらしっかりしているので人気商品ですね!

ダイソースキレットのいいところ

・価格が安い。人数分揃えるのも手軽に出来る!

・IH対応。もちろん直火もOK!

・小振りなのでアヒージョ等が作りやすい!

・値段が少し上がるが色々な種類がある!

しかしながら安価ということもあり、スキレットを使うにあたって必須と言える

シーズニング(工場出荷時に錆び止め油がついているので、それを落とす事)

をしないと使うことが出来ません。LODGE(ロッジ)やちょっと良い物は最初からシーズニングがされているのでそのまま使うことが可能ですが、ダイソースキレットはしっかりシーズニングしないといけません。

今回はそのシーズニング行程とその後のメンテナンス方法をご紹介致します!

シーズニングをしよう!

用意する物は

・オリーブオイル(サラダ油でもOK)

・キッチンペーパー

・クズ野菜(皮や葉っぱ等)

・菜箸(割り箸でやったら凄く熱かったです!)

・新聞紙

 

まずはスキレットについている説明紙とシールを剥がします。その後食器用洗剤で良く洗います。お湯の温度は40℃ぐらいで大丈夫です。また、金属たわし等で洗うと表面が削れて駄目になってしまうのでスポンジで洗いましょう。

よく洗剤を洗い流し、水気を拭き取り火にかけます。

全体が熱してきたらオリーブオイルを入れペーパーで伸ばして行きます。この時に持ち手やふちもしっかり塗りましょう。

まんべんなくオイルを伸ばしたらクズ野菜を投入し炒めます。

この時にオイルを少し足しながら色々なところに広げて行きます。

オイルを入れすぎると野菜の素揚げになってしまうので注意です!

野菜が焦げたら取り出します。この行程を2〜3回行いましょう。

野菜の炒めが終了したらペーパーで残りのオイルを拭き取り、そのまま空焚きをします。

目安は15〜20分程です。

もっと大きい物は30分程が目安です。

途中で白煙が上がったりしますがそのままで大丈夫です。

換気扇は必ず回して下さい。この行程が終われば錆や焦げに強くなったスキレットの真の姿が出てきます!カッコイイ漆黒色になるには使い続ける事が近道です。

収納時は

オイルを薄く塗り、ペーパーで軽く拭き取ります。

そのまま新聞紙に包みます。

新聞紙が湿気を吸うので錆び対策になります。

その後ビニール袋等に入れたりして保管します。スキレットを育てる為に定期的に調理はしてあげて下さいね!

スキレット使用後の洗い方

スキレットだけでなく鋳物製品は使い続けて味が出てくる物です。

油をしみ込ませ、焼いてあげるを繰り返すだけで経験値を積んで行きます。

中華料理店の中華鍋も鋳物ですので毎日毎時あの火力と油を馴染ます事でうまみが増して行くのです。

なのでスキレットを使用した後は洗剤では洗わず、水かお湯で洗い、水気を飛ばしてから油を塗り保管しましょう。

洗剤を使ってしまうとせっかくの行程と積み上げてきた物が台無しになっちゃいます!

私がキャンプで使った後は、まずは水で汚れを落とし、家に帰ってからお湯で軽く洗い空焚きをして油を塗り保管の流れで使っております。

シーズニング完了!果たしてダイソースキレットの実力は!?

さて、大変なシーズニング作業を終え、後は経験値を積ませて行くだけです!

シーズニング行程で問題は無かったダイソースキレットですが、果たして実際の調理でちゃんと使えるのかテストをしたいと思います!

今回はスペアリブを試し焼きして行きます。材料はスペアリブとガーリックソルトとブラックペッパーのみで行きます。

まずはスキレットを熱し、オリーブオイルを垂らしスペアリブを投入。塩こしょうをふり終わりです!肉の味でちゃんと使えるか見極めたいと思います!

『写真映えしますねぇ』

ダイソースキレットをもう一つ用意し蓋にします。

スキレットは蓋が重いのがポイントです。

この重さにより蒸気が素材に返ってくるのでしっかりと中まで火が通り、ふっくらジューシーになります。

ダイソースキレットの弱点は蓋が売られてない事なので、同じスキレットで蓋をします。取手部分は少し角度がついているので写真の様に蓋をしました。

ひっくり返し他の面を焼き、また蓋をし少し待ちます。

蓋を開けると・・・

ちゃんとジューシーに焼けてました!

早速試食!

表面はちゃんとパリッとしていて塩見が付いていて美味!

中身はジューシーで油が流れてきます!

鉄板コメントみたいですが、まさにこの言葉を体現出来ています!

スキレットだけにね!

結論!ダイソースキレットはちゃんと使えた!

ダイソースキレットはちゃんと使う事が出来ました!性能は申し分無しです!

ただ小さいのでスペアリブだと1本で一杯になってしまいます。朝食でソーセージと目玉焼きをワンプレーとにするには丁度いいぐらいかもしれませんね!

また、蓋はありませんがスキレット同士を重ねたり蓋を使わない調理も沢山あるので許容範囲かと思ってます。

何よりも200円でこの性能なら文句無しで買いだと思いますよ!

私もとりあえず2個買いましたが、もう2〜4個買い足して多人数キャンプで振る舞いたいと思いました。6個買っても1200円(税別)ですからね!

スキレットは子供やゲームのキャラクターの様な物で、調理をしていき経験値を積めば積む程に成長して行きます。使って行くうちに愛着も出てきますよ!

このダイソースキレットは入門用にも充分ですし、調理に慣れている方でも頼れる相棒となること間違い無しです!

みなさんも是非お手に取ってみて下さい!他のサイズもありますよ!

lighting by あんど

アウトドア用品カテゴリの最新記事