初心者やファミリー向け♪2ルームテントのメリットとデメリット

初心者やファミリー向け♪2ルームテントのメリットとデメリット

キャンプを始める上でかかせないアイテムの1つがテントです。

せっかくキャンプに行っても、テントの組み立てに時間がかかりすぎたり、寝心地が悪かったり…

さらには、撤収に時間がかかりすぎたりすると、もうキャンプに行きたくなくなるかもしれません。

やっぱりテント選びは重要です!

近年ではアウトドアメーカーがたくさんのデザインのテントを販売しています。

そこで、今回はファミリーでキャンプに行くのに最適なテントの紹介をしていきたいと思います。

ファミリーに2ルーム型テントが良い理由

今回紹介したいテントは2ルーム型テントです。

この種類のテントがなぜ良いかいくつか理由を挙げていきたいと思います。

リビング空間がとても広く快適

キャンプ場などではテントだけでなくタープも張りますよね。

しかし、2ルームテントだとテント1つだけで泊まることも可能です。

設営時間の短縮にもなります。

ファミリーキャンプで一生懸命設営に励むパパの味方!

特に小さいお子様連れのキャンパーは、子供に目を配りながらの設営になるため設営時間の短縮は大きなメリットです。

私の場合は1人で設営するとなると約30分くらいで設営可能です。

レイアウトに悩むことがない

テントとタープを設営するとなると、位置関係に迷ったりすることもあります。

2ルームテントであれば、テントもタープの役割も兼ねているので組み合わせて悩むことはありません。

しかし、これに関してはレイアウトを楽しみ、オシャレにキャンプしたいと考える方にとってはデメリットになるかもしれません。

広いシェルターになる

寝室は吊り下げ式のインナータイプの2ルームだと、インナーを取り付けていない間は大きなシェルターになります。

私の場合は、夏はインナーは夕方に取り付けています。

それまでは大きなシェルターとして使用し、十分な広さの木陰を作り出します。

また、雨天撤収時にも便利!

インナーを取り外すと大きなスペースができるため、その中で帰り支度ができます。

雨天時の撤収は結構大変ですので、経験された方は2ルームハウス型テントの恩恵を受けたことでしょう。

コストパフォーマンスが良い

最近の一流メーカーのテントもタープも高価格です。

よって、テントとタープを購入するとなるとかなりの金額になります。

ファミリーでキャンプするなら、人数も多い分キャンプギアのコストはなるべく抑えたいと考える方も多いのではないでしょうか?

そんな時、2つ分の機能があると考えると、2ルーム型テントはコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

もちろんデメリットもあります

若干設営に練習が必要

どんなテントにも設営に慣れることは大切です。

私もいくつかテントを所持していますが、新しいのを購入するたびに庭で一度は設営してからキャンプに行くようにしています。

2ルームテントはどうしてもサイズが大きいため立ち上げにコツが必要。

特に風の強い日に関しては設営が難しいです。

私は一度設営中にフレームが折れてしまい、泣く泣く宿泊を断念し帰宅したこともあります。

ペグを打つ量が多い

これをデメリットととるか、設営の楽しみととるかはそれぞれです。

デメリットに挙げましたが、私のファミリーはこれをポジティブに楽しんでいます。

小さい子供にハンマーを持たせ、どんどん打ち込んでもらいます。

もちろん安全第一!

そのため、最後にはしっかりと大人が仕上げをします。

子供と一緒にテント設営するのもキャンプの醍醐味です。

ドームの高さが高いため、小さい子供が手伝うのが困難

ドームの高さがあるために快適なのですが、自分の身長よりも高いために設営に慣れが必要で、子供の手も届くところが限られるために手伝えることが少ないです。

設営には慣れれば大人1人でも十分設営可能です。

撤収後、干すのが大変

撤収が昼時であればテントも十分乾いていると思いますが、なかなかそうはいきません。

私が撤収する際もテントが朝露で濡れていることが多く、帰宅後干しなおします。

このとき2ルームテントは寝室スペースからリビングスペースまで、アウターテントがつながっているために干しにくいです。

重量が半端ない

テントとタープ分の機能があるため、もちろんフレームや使用するペグも多いためなかなかの重量です。

女性が運ぶのは実際のところかなり大変でしょう。

テントサイトまで車が乗り入れ可能なオートキャンプ場が最適な場所だと思います。

さいごに

テントにはたくさんの種類があり、使い勝手だけでなく色などや、デザインの好みもあるでしょう。

多少使いにくくても、デザインが気に入ってしまえば購入する方も多いいと思います。

ちなみに私も最初はデザイン重視でした。

今回は2ルームハウス型のテントのメリットもデメリットも紹介しました。

私はデメリット以上にメリットの方が多いと思います。

よって書いてはみたもののデメリットに関してはあまり気にしたことがありません。

また、アウトドアとは本来自宅で過ごす日々と比較し、不便を楽しむ時間でもあると感じています。

初めてテントをどれにしようか迷っている人が私の意見を少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

どのテントを購入しようか迷っているときも楽しいと思いますので、ゆっくり悩み最高のテントと出会えることを祈っています。

まずはレンタルで試してみる!?

ランドロック〔スノーピーク〕【レンタルテント】【往復送料無料】 ファミリー キャンプ 宿泊 家族 春キャンプ 夏キャンプ 秋キャンプ 冬キャンプ 5人 テント オールインワンシェルター インナールーム 2ルームテント

価格:16,800円
(2019/2/27 12:01時点)
感想(1件)

キャンプカテゴリの最新記事