初めての家族キャンプ!準備から当日までをガチレポートしちゃいました

初めての家族キャンプ!準備から当日までをガチレポートしちゃいました

家族でキャンプをする事で、親子間のコミュニケーションや子供からの「パパスゴ~イ!」だったり、妻との共同作業をする事で一体感も感じられますね。

家族キャンプでの多少の失敗は、結果として良い体験になるので、「あの時の、○○は最悪だった!」というように我が家ではネタにしています。

回数を重ねていくと必要なアイテムが分かってきて、失敗も少なくなりますが…。

キャンプ沼にどハマりすることで、キャンプアイテムは、どんどん増えるため自分自身の欲との戦いもあります。(笑)



低価格でセットのアイテムを選びます

私は、家族でキャンプをしようと決めるまでは全くキャンプの経験が無かったので、アウトドア用品の店員さんに相談しました。

家族構成、何がしたいのか?などを聞かれました。

家族構成は、当時は夫婦2人と子供2人とおばあちゃんの5人。

中型の2ドームタイプ(8名用)のテントをすすめられました。要するに前室があるタイプです。

メーカーはロゴスで価格は6万円(税込)でした。

10年前に購入しましたが、現在も使用しています。

BBQコンロも購入しました。

小物はそれぞれの趣向に合わせたアイテム選びをと思います。

例えば、火起こしですが炭に火を付ける際に手っ取り早くバーナーで着火させるのか、ファイヤースターターを使用して火種から火起こしをするのかです。

回数を重ねるとこだわりや、やったことのない事への興味が湧いて来ます。どうせやるならと最近ではファイヤースターターを使用して火起こしをしています。(自己満足です)

いざ、キャンプ場へ

アイテムを購入するとやはり使いたくなるもので、初めてのキャンプは近場の場所を選びました。

近場なら土地勘もあるので、何かあればすぐに対応が可能という理由からです。

早速予約を取り準備!私の性格もあるんですが、1週間前からソワソワし準備に取り掛かります。

…とは言っても、アイテムもまだ少なくキャンプの内容も焼く・食べる・飲む・寝ると趣向を凝らしていないので、準備というよりもソワソワするだけです。

ただし、テントの設営だけは2回程しました。

キャンプ場に到着して受付を済ませ、サイトへ案内をしてもらいます。

ここからは、パパママの活躍するところです。事前にテント設営の練習をした成果が出ます。

子供たちは、さっそくテントの中で寝転んでくつろいでいます。

次に晩ご飯のBBQの準備

まずは炭を起こします。

始めたばかりだったので、炭を並べてバーナーで火を付けました。(今考えると作業的で物足りない様な気がします)

ママは、食材を準備してくれます。野菜を洗い食べやすく切る、お肉はラップを外す…当時はこの程度でした。

今では、キャンプレシピも多くなり、食べる側としてはとても満足しています。(ママありがとう♪)

そうこうしている内に暗くなり始めたのでBBQを始めます。

焼くだけなのであっという間に終わってしまいますが、普段とは違う環境なので、充分楽しいです。

他のキャンプサイトを覗くと、ご飯を炊いてる!そうかと思わされました。次回の課題です。

他にも焚き火をしているとか、キャンプ場で朝からパスタ食べてる!とか刺激を受けました。

こうなると次回のキャンプはやりたいことが増えるので、大変だと思いながらも楽しみで仕方がありません。

晩ご飯を済ませた後は、夜の散歩をして子供たちは就寝です。

ママと2人で晩酌タイムですが、ママからの衝撃的な告白がありました。「実は、アウトドアとか苦手なんだよね…」

「そうなんだ…。でも楽しかったよね?」「う~ん」

ま…まま…まさか!?の瞬間でした。(笑)

これからの家族キャンプの役割ではあまり負担をかけないようにしなきゃと思いました。

翌朝の朝食は、BBQ(ちょっと重かった記憶があります)朝食後はキャンプ場内でのビオトープで子供と遊び、早々にテントの片づけを始めました。

1泊2日での予約だったので仕方がないのですが、忙しいと感じます。

やりたい事も他のキャンパーさんから勉強させて頂いたので、次回は少なくとも2泊3日で計画しようと思いました。



初めての家族キャンプを終えて

普段と違う環境の中で家族と過ごすのは、違う面が見えてとても良い経験になりました。

1番の衝撃はママの「アウトドアとか苦手なんだよね…」なんですけど。

この一言で、今後の家族キャンプの役割が明確に決まったんですが、またの機会で紹介できればと思います。私のやること(役割)が沢山有りすぎて書ききれません。(泣)

子供たちが楽しそうにしてくれている姿を見ているだけで、家族キャンプをやった甲斐があります。

初めてなので、「スゴ〜イ!」の連発でした。

パパも気分良くなり気持ちよく何でもやりました。

アウトドアの苦手な方、虫がとか汚れてしまうのがとかめんどくさがりな方でも1度体験してみて!

今どきは、手ぶらキャンプと言う物があるため、気軽にキャンプ場に問い合わせをして利用することができますよ。

新しい家族の休日の楽しみ方が増えると思います!



キャンプカテゴリの最新記事