【コスパ最強!】キャンプ歴10年の筆者が選ぶキャンプで役立つ100円ショップの品物10選!

【コスパ最強!】キャンプ歴10年の筆者が選ぶキャンプで役立つ100円ショップの品物10選!
アプリで読む

・ここ数年で100円ショップが進化している!

みなさんは100円ショップっていかれますか?

十数年前はプラスチック製のお皿やコップ等のプラスチック製品等が主に置かれているだけでしたが、最近はプラスチック製品以外にもシリコン製の物や陶器、金属製品等と幅広いジャンルの物が置かれていますね。

今回は100円ショップに置いてある物で、キャンプ歴10年の私がキャンプに役立ち、実際に使っている物を10品と+おまけを紹介して行きます!

・今回紹介するのはダイソーの商品

ダイソーと言えば全国にチェーン展開している100円ショップですね。みなさんも一度ぐらいは利用した経験があるのではないでしょうか?

100円ショップと言えばやはり気になるのが品質ですよね。やはり、

『MADE IN CHINA』

このワードが引っかかる方もいらっしゃいますよね。

しかし、ここ数年で品質が上がっており難しい加工品の精度も上がってきました!

また、ダイソーでは100円商品だけではなく150円や200円だけではなく中には5000円以上する物もあります。(一部MEGA店舗等)

昨今の物価上昇等により単価が上がってしまいましたが、品質を合わせた結果なのである程度は仕方ないかなと・・・

その分「100円ですぐ壊れる」から「200円したけど長く使える!」に変わった物も沢山ありますよ。

今回はそんな100円ショップ、ダイソーに置いてある商品をご紹介したいと思います!

お邪魔したのは「ザ・ダイソー 港北東急ショッピングセンター店」です。

・オススメ10品を御紹介!

①アルミ保冷バック

キャンプで必須の保冷バックです。取手部分が保冷バックに穴をあけているタイプなので重い物を入れると切れてしまいます。

ではなぜ強度不足の物がオススメなのか?

実はこの保冷バックは複数枚セットになってます!

写真のSサイズだと4枚セットですね。

私は凍らしたお肉等を1品事に包んで使っております。また、アルミで少しクッション性があるので瓶ものを包んだりするのにも使ってます。

保温性もあるので、ローストビーフ等を寝かすようで使ったりも出来ますよ!

帰りはコンパクトになるのも嬉しいですね。

②アルミシート

地面に敷いたり、テント内に敷いたりとユーティリティに使えるアルミシートです。

私は車内に敷くのに一枚とテント内に敷くので一枚、予備を1つで使ってます。

テント内に敷くには薄いのですが、この上から寝袋用のマットを敷いて運用してます。アルミとスポンジで自分の熱が返ってくるので暖かく眠れますよ!

テント内の汚れ防止にもなります!

③バーベキュー網

網は使う度に痛む消耗品です。メーカー品より小さいですが安いので複数敷くのもいいですね!

バーベキューの時に具材を網で挟むと、ひっくり返しが楽になりますよ!

私はグリルなんかで薪や炭を直置きしない様に下に敷いたりもしています。

簡易スモーカーをする際にも役立つアイテムですね。

④ブルーシート・レジャーシート

これまた敷く物ですが、雨の際はかぶせる物にもなります。

ハトメも付いてますので簡易タープなど使い方は様々です!

木や車を巧く使えば着替え用のカーテンにもなりますので、何かと使える一品ですよ。

⑤油吸着シート

これいる?って思われがちですが、凝った料理をする人・これから凝ったキャンプ料理をしようと思ってる人は是非買っておくといいですよ!

以前ダッチオーブンでオイルフォンデュや鳥の丸揚げをした際に油の処理で困りました。片付けを考え必要最低限の量でやったのですが、それでもそれなりに油を使い片付ける際にペーパーを袋に入れ吸わせましたが、かなりのペーパーを使ってしまいました。

ゴミ袋にこれを1〜2個入れておけば処理が簡単です。シチューなんかを余らした際にも使えます。

時折林なんかに食材を撒いて帰る方がいらっしゃいますが、食材類は持ち帰る様にしましょう。

⑥野菜干しネット(150円)

150円してしまいますがその価値は十分あります!

私は野菜を入れておく使い方では無く、洗った食器類を入れておくネットにしております。

食器が無いときは食材の一時保管にしたり、ネット内にドリンク等を入れ川で冷やしたり等様々な使い方が出来ます!

また、ご家庭での干物作り等にも使えますよ!

⑦S字フック

キャンプだけでなく日常でも大変便利なS字フックです。

テント内で引っ掛けてランタンの位置を下げたり、マグカップを干すのに使ったりと、使い方は豊富ですね。

ブルーシートのハトメに付けたり、薫製の時に食材を吊るす様に使うなど、ユーティリティに使えます。小さいから場所も取りませんし、常に数個持って行く様にしてます!

⑧使い捨てエプロン

アウトドアだから汚れてもいい格好ですが、やはり人と合うならオシャレをしたい人は沢山いらっしゃると思います。

また、キャンプには行かないけどバーベキューは家庭でおこなう方も沢山いらっしゃると思います。そこで便利なのがこの使い捨てエプロンです!

肉の油やタレとかは洗っても落とすのが大変なんですよねぇ。

特にお子さんがいるお家では是非持って行く事をオススメ致します!

⑨アルコールティッシュ・ペーパー

自宅でも使っている方も多いアルコールティッシュです。

手を拭くだけでなくテーブルを拭いたり、汚れたお皿や調理器具を拭いたりと何かと便利に使えますね。

特に食器類や調理器具は、キャンプ場によっては水源が限られている場合もありますので、一度アルコールペーパーで拭いてから最低限の水で洗うなどする時に大変便利です。通常のペーパーでは油分までは中々落ちませんからね。

⑩ケミカルライト・サイリュウム

別にパリピになる為に使う訳じゃないですよ!!

夜間になるとライトやランタンを出しますが、照らす範囲には限界がありますよね。

特にテントの周りには補強用のロープとペグがあったりします。

そんな時にサイリュウムをペグの所に置いておくと目印になって転倒の危険を防げますよ。

また大人数でキャンプをやる場合は、トイレまでのルートに置き、ガイドライトにするとみんなが喜びますよ!(使用後のゴミは必ず回収しましょう)

あと、子供の手に付けてあげると凄く喜びます(笑)

番外編3品

上記10選には入りませんでしたが、私が気になった商品3点をみなさんにご紹介したいと思います!

①プラスチックワイングラス

最近はこんなのも出ているんですね!

プラスチック製なので軽く、落としても割れませんので持ち込みもしやすいです!

せっかく外でお酒を飲むのなら、マグ飲みも良いですがこちらで飲むのも良いですよね!

②スキレット(200円〜)

前回ご紹介させて貰ったスキレットです。

この値段でスキレットが買えるなんて凄いです!

ダイソースキレットに興味がある方は是非御覧下さいませ!

【レポ写真あり!】ダイソーの200円スキレットって本当に使えるの!?

③釣り用品

他の100円ショップより力が入っていると言われている釣り用品です。

ルアーや針、糸等様々な物が置いてあります。

しかし、100円の物で本当に使えるの?、と思いの方は結構いらっしゃると思います。

私も疑ってました。

釣りを良くする友達に聞いたら、

『中々良いよ〜コスパ最強。ちゃんと釣れるよ』

調べてみると結構オススメされてるんですよね。釣り動画も沢山あがってました。

最近釣りに行ってないので、これを機に買って使ってみようと思います!

・以上、キャンプ歴10年の私が選ぶ10選でした!

いかがだったでしょうか?私が選ぶ10選だったので人によっては使わないもの等もあると思われますが、頭の片隅にでも置いて頂ければ何かと約に経つと思いますよ。

しかし最近の100円ショップは凄いですね。普段何気なく買っているものばかりだったので気にしませんでしたが、改めて色々と見ていると新発見ばかりでした。

特にキッチン用品は凄い物が多くて驚きでしたよ!

今回は洗剤や紙コップ紙皿等の当たり前に使える物は省かせて頂きましたが、やはりコスパ等を考えると100円ショップは凄いと思います。

ランク外でキャンプに使える物ですと、調味料類が中々オススメですね。

普段スーパー等で買い物をしている私から見ますと割高に思えてしまいますが、キャンプの頻度が少ない方には丁度使い切れる量の油やマヨネーズ等だけではなく、ミル付きの塩やブラックペッパー等様々な物が置かれていました。

みなさんも是非キャンプを豊かにする物を100円ショップで増やしてみるのはいかがでしょうか?

今回ご紹介したもの意外にも便利な物が沢山あると思いますよ!

lighting by あんど

 

 

今回取材をしながら色々な物を買いましたが結構なお値段になりました(笑)

 

 

 

 

 

アウトドア用品カテゴリの最新記事