【写真多数!】激ウマ◎自宅でデイキャンプ!?カンタン薫製作り!

【写真多数!】激ウマ◎自宅でデイキャンプ!?カンタン薫製作り!
アプリで読む

・薫製作りは意外とカンタン!自宅でトライしよう!

「休みの日はデイキャンプに・・・でも夜から予定が入ってしまった!」

「最近キャンプ出来てないから気軽にアウトドアを味わいたい!」

このような方って結構いますよね。

そんな時にオススメしたいのが自宅で薫製作りです。

薫製って聞くと準備が面倒や、すぐに出来ないんじゃない?など、のイメージをお持ちの方が多いと思われます。

実は薫製って意外とカンタンですぐに出来ちゃうんです。今回はその薫製を紹介します。もちろん自宅だけじゃなくキャンプ場でも使えます!

・スモーカーを用意しよう!

皆さんはスモーカーってお持ちですか?

実はキャンプ歴10 年程の筆者ですが、ちゃんとしたスモーカーを手に入れたのはつい最近なのです。

それまでは2L ペットボトルの段ボールをスモーカー代わりに改造して使っていました。今回は新たに手に入れたスモーカーを使いながら紹介して行きたいと思います。

・今回使用するのは『South Field コンパクトスモーカー』

このスモーカーの良い点は、コンパクトスモーカーの名の通りに、折りたたみ収納が出来る事です。

沢山作る方や、しっかりと作りたい方向けに鍋形やドラム缶の様なスモーカーもありますが、

私の場合はこのコンパクトスモーカーで充分楽しめました。

また、スモーカーが無い方はフライパンで薫製を作る方法や、自分でスモーカーを作る事もインターネットで探せば

色々と出てきますので、そちらで試されてからスモーカーに手を出すのも良いかもしれませんね。

・食材を用意しよう

薫製で一番大変なイメージは食材の準備.と思われがちだが、こった物を作らなければ手間は食材を切るぐらい。

ベーコンを作る際は塩を刷り込み、冷蔵庫で寝かしながら1週間程待つ。

やはり薫製=ベーコンのイメージが強いので、この行程が頭に浮かんでしまう。

しかし、薫製にルールは無いので好きな物をスモーカーに入れれば手軽に薫製を作る事が出来る。

今回入れた物はカマンベールチーズ・レッドチェダーチーズ・竹輪・はんぺん・ゆで卵(普通と味玉)・うずらの卵(普通と味玉)

今回の手間はチーズとはんぺんを切るのと卵を茹でる事だけでした。味玉はゆで卵を麺つゆに付けて少し置いておくだけで

カンタンに作れます。夕飯やお弁当の一品にもオススメです。

用意した食材をスモーカーに並べます。今回は全て乗り切らないので、卵以外を先にやります。

溶けやすいカマンベールチーズにはアルミホイルを敷きました。チェダーチーズは固いので大丈夫!だろうと思ったらどえらい事になりました.後で記載致します。

・いよいよ薫製を始める!

今回使うスモークウッドはリンゴにしました。薫製すると燻されたにおいの中にリンゴの甘い匂いが漂います。

スモークウッドはバーナーで炙りましたが、自宅ならガスコンロで火を着けるのでも大丈夫です。

また、受け皿にそのまま置くのも問題ありませんが、気が付いたら火が消えてしまってる場合もありますので、網をカット

して、受け皿の上に置く事をオススメします。こうする事でウッドの下に空気が通る様になるので良く燃える様になり、

煙もしっかり出ます。この網は使わなくなったバーベキュー用の網をカットして再利用しました。

スモークウッドに火をかけ投入します。

今回SOTO のスモークウッドを使っているので、一つで約90分の薫製になります。もっと長く薫製したい場合は繋げて置いておくだけで時間の調整が出来ますので、用途に合わせて連結しましょう。

煙が出るのを確認し軽く手を入れ暖かさを確認したら蓋を閉めます。

今回は1個のウッドで2回まわすので、タイマーを40分にセットしました。個人的には竹輪とはんぺんは軽い薫製で食べるのが好きなので、たまごと選手交代します。

後は時間が経つまで待つだけです。
私はキャンプチェアーで雑誌をみながら待ちました。

・薫製完了!果たして出来栄は・・・

40 分がたち、竹輪はんぺんとたまごを選手交代します。

チーズは上の段なのでこのまま燻したいと思います。そして後半は1時間程待ちます。完全に燃焼しきり、最後の最後まで煙を吸わせます。あけてみますとなんと.

チェダーチーズが溶けて落下してました!!!

急いで救出。カマンベールはいい感じでしたが、チェダーはやはりアルミを敷くべきでした。次回に活かします。

それではそれぞれの出来栄えを御覧下さい。

竹輪・はんぺん・チーズも成功!(レッドチェダーチーズを除く)

淡白なはんぺんが、薫製で表面がパリッとなり中はふわふわなままで美味!

竹輪は元々表面が焼けており香ばしさがありますが、さらに薫製をまとう事で深さが際立ちます。

カマンベールチーズは水分が飛び、塩気がより際立ちながらもチーズのコクも感じられます!

レッドチェダーチーズは見た目こそ悪いですが、さすがスモークチーズの定番!

かなり美味しいです!!!

薫製は誰でもつくれる!

いかがだったでしょうか。

薫製の紹介は?この薫製はキャンプでも自宅でも気軽に楽しめるのがポイントですね。

私の場合、カンタンな物は自宅で凝った物を作る時はキャンプでやる様にしてます。

今回の自宅薫製はトータルで準備から片付けまで3時間もかかりませんでした!

たった3時間でありながらキャンプ欲を満たせるので、最近キャンプに行けてないなと思う方にオススメです。

また、食材が何でも良いのも嬉しいですよね。今回は紹介致しませんでしたが、ジャムや醤油・塩を薫製しても

美味しくなります。いつも使っている調味料に香りが追加されるので、より一層美味しく感じます。

実は今回の竹輪は冷蔵庫に余っている物で、急遽薫製にしました。このように薫製は自由な発想でチャレンジしても良い物なのです。

自宅薫製の弱点としては、匂い問題があると思います。日中ですと洗濯物が干してあるお宅がほとんどでしょう。

匂いが気になる場合は、キッチンで換気扇を回しながらやる方法も良いと思いますし、ウッドをチップの物にしてフライパンで短時間薫製するだけでも楽しいと思います。

是非この記事で薫製に興味を持った方がおりましたらチャレンジして頂きたいと思います。

私も皆様に変わった物を薫製して美味しかった報告が出来る様に励みたいと思います。

lighting by あんど

 

キャンプカテゴリの最新記事